web shop

かざり縁の篠竹買い物かご  かざり縁の篠竹買い物かご  かざり縁の篠竹買い物かご  かざり縁の篠竹買い物かご  かざり縁の篠竹買い物かご  かざり縁の篠竹買い物かご

かざり縁の篠竹買い物かご

産地 岩手県
素材 (本体)篠竹
   (持ち手と縁)籐
 
W36cm×D16cm×H24.5cm
(W・Dは底部分)

17,000円+TAX

岩手県一戸町で冬の手仕事として長く受け継がれてきた篠竹細工。弾力のある丈夫な素材は、お絞り入れのような小さなものから行李などの大きなものまで、古くから暮しまわりの様々な道具に使われてきました。

秋に採取した竹の表面の皮を剥き、等分に縦に割いたものの内側を削り厚みを揃えます。編みの技術に目がいきますが、良い材料を取り、編めるまでの形に整えるまでの下ごしらえが重要で、全体の工程の8割以上がそれにあたると言われます。

kaimono01.jpg

重いものもお任せ、葉物野菜やパンなどやわらかなものもつぶさず、お惣菜やお弁当のパックも安定して持ち運べるのでお買い物にはもってこい。市場ではプロも御用達、市場かごとも呼ばれています。

作り手により仕様や仕上がりが様々ですが、こちらは持ち手の芯に麻素材の縄を使ったもの。そこに縁と同じ籐のひごをしっかりと巻いてあります。また、縁には色の少し違うものを挟み込んでちょっとした模様をつくってあって、研究熱心な作り手さんの思いが見てとれます。

kaimono05.jpg

付け根部分はどうしても芯の縄が見えるのですが、白や黄色のロープを使ったものに比べると、色、質感ともに違和感のない仕上がりです。また多少しなりがあるので、持ったときに手に馴染みやすく、物を入れるときに持ち手をぐっと外に広げることができる利点も。

kaimono08.jpg

ここにも模様が。持ち手もしっかりとした作りです。

※サイズは通常の篠竹買い物かご(縄手)のMサイズと同じくらいでマチが狭いイメージです

●本体は篠竹、縁と持ち手には籐が巻かれています。
●細かなささくれや毛羽もありますが、使っていくうちに取れていきます。気になる場合ははさみでカットしてください。
●サイズはおおよそとお考えください。
●篠竹は鈴竹とも呼ばれる細い笹のような竹。弾力があり、またしなやかなのが特徴です。
●はじめは緑かかった色をしていますが、だんだんと黄色く、それから色が濃くなっていきます。
●汚れたときは水洗いしても大丈夫です(ザルにも使われる材料です)。水に濡れた場合はしっかりと乾燥させるようにしてください。

一覧に戻る