web shop

篠竹の丸ざる 篠竹の丸ざる 篠竹の丸ざる 篠竹の丸ざる 篠竹の丸ざる 篠竹の丸ざる 篠竹の丸ざる

篠竹の丸ざる

産地 岩手県一戸町
素材 篠竹

S φ19cm×H4㎝
3,800円+TAX

M φ22㎝×H4.5㎝
4,000円+TAX

L φ25㎝×H4.5cm
4,200円+TAX

LL φ28㎝×H4.5cm
4,600円+TAX

岩手県一戸町で冬の手仕事として長く受け継がれてきた篠竹細工。弾力のある丈夫な素材は、お絞り入れのような小さなものから行李などの大きなものまで、古くから暮しまわりの様々な道具に使われてきました。かつでは500人ほどいたと言われる作り手も現在は20名足らずとなりました。

秋に採取した竹の表面の皮を剥き、等分に縦に割いたものの内側を削り厚みを揃えます。編みの技術に目がいきますが、良い材料を取り、編めるまでの形に整えるまでの下ごしらえが重要で、全体の工程の8割以上がそれにあたると言われます。

こちらの丸ザルは最初の青々とした竹の色、それから美しい縁の始末が特徴的。重なっている姿には惚れ惚れしてしまいます。昔からある丸い形ですが、こういう日常的に使うザルこそだんだんと貴重になりつつあるのを感じます。雑貨、荒物と呼ばれるものの健やかなうつくしさを、日々台所や食卓で感じてもらえると嬉しい。そういう仕事です。

maruzaru03.jpg

maruzaru06.jpg

●サイズはおおよそです。個体差もございますが手仕事のものとしてご理解ください。複数個お求めの方には似たようなサイズのものをお選びしてお送りいたします。
●丸ザルという名前ですが、正円というわけではなく、多少楕円がかっているものもございます。手仕事のものとしてご理解ください。
●竹の色には個体差がある場合がございます。自然のものとしてご理解ください。
●はじめは青味かかった色をしていますが、だんだんと黄色く、それから色が濃くなっていきます。経年変化も合わせておたのしみください。
●ささくれなどもございますが、使用しているうちに取れてきます。気になる部分は引っ張らずハサミで切ってください。
●曲げてある部分の表面が割れていることもありますが、制作上起こりうるものとして御了承ください。
●洗ったあとはしっかりと自然乾燥させるようにしてください。濡れたままにしておくとカビの原因になります。

一覧に戻る