web shop

from Rush  - い草のラグマット - from Rush  - い草のラグマット - from Rush  - い草のラグマット - from Rush  - い草のラグマット - from Rush  - い草のラグマット - from Rush  - い草のラグマット - from Rush  - い草のラグマット - from Rush  - い草のラグマット - from Rush  - い草のラグマット - from Rush  - い草のラグマット - from Rush  - い草のラグマット - from Rush  - い草のラグマット - from Rush  - い草のラグマット - from Rush  - い草のラグマット -

from Rush - い草のラグマット -

素材 
天然い草(熊本産)
縁:綿100%(倉敷帆布)
 ※ブラックのみ化繊

size 
880×1800㎜

ヘリンボーン
ツートーン ×
スクエア

12,100円(11,000円+TAX)

ブラック ×

14,850円(13,500円+TAX)

心地良い。良いデザイン。
ふたつの要素をつなぐほんとうに良い素材。

あたりまえの暮らしの中に、
あってほしいものをお届けしたい。

そんな想いから生まれた、熊本産のい草のラグマットです。

_DSC5351.jpg

サイズは880×1800㎜、おおよそ畳1畳分。
ソファの前に敷いてラグマットとして、布団の上に敷いて寝ござとして。
持ち運びの出来る収納ケースもついているので、ピクニックやキャンプに持ち出すのも良さそうです。

_DSC5510.jpg

そういえば...
と思い出すのは、祖父や父が夏になるとゴザを広げ、その上でごろりと寝転がって休んでいた風景。町内会の集まりでも、敷いていたのはブルーシートではなくゴザでした。座ってもよし、寝転んでもよし。おおらかな存在です。

使うときに出してきて、使い終わるとささっとしまう。
懐かしいものにはそういう気軽さ、フレキシブルなところがあったような気がします。そして、そういったものにも、私たちは自然素材をうまく利用し、暮らしの中で使ってきました。

い草のどこか落ち着く香り、さらりと心地よい肌触り。

畳表にも使われるい草の栽培が今の熊本県ではじまったのは500年以上も前なのだそう。

2022rush074.jpeg

一時は10,000戸を超えたというい草農家ですが、現在は300戸と少し(※熊本県)。暮らしの姿が変わったことで和室が減り、平成元年から今までの三十数年の間だけで、十分の一以下になってしまいました。

確かにうちにも和室はない。
だけど、和室のある家に行くと落ち着くし、新しい畳の匂いを嗅ぐと深呼吸をしたくなる。さらにはそこで寝っ転がる気持ちよさも知っている!
そんな人、案外多いのではないでしょうか。

まずは気軽に、1畳分。
出してしまえるラグマットとして、い草を暮らしに取り入れてみませんか。
和の要素のないインテリアにも馴染みやすい、すっきりとシンプルなデザインです。

main_01_hb_2022rush002.jpg
<ヘリンボーン>
一番合わせやすい柄かな、と思います。い草は根っこの方の色が明るく、その上下を交互に差し込んで織っていくので、両端が根元の色合いで明るくなっています。


main_01_tt_2022rush001.jpg

P7101848.jpg
<ツートーン>
ふたつの織柄が楽しめます。両サイドの△模様と中央のベーシックな縦ライン模様とのコントラストが◎。ヘリンボーン同様、根っこと先のグラデーションもあります。


main_01_sq_2022rush003.jpg

P7101876.jpg
<スクエア>
端正に並んだスクエア柄。写真だと和の印象が強いのかな?と感じますが、実際に見るとモダンさもあります。海外の方がおしゃれに使うイメージです。北欧デザイン、ミッドセンチュリーのものとも合いそう。日本好きな方へのプレゼントにもおすすめしたいです。


main_01_b_2022rush008.jpg

P7101896 (2).jpg
<ブラック>
黒く染めたい草をヘリンボーン柄で織ったもの。かなりスタイリッシュで、かっこいいです。インテリアは少し選ぶかもしれませんが、ぴったりはまるとかなり自慢の空間になりそうな。アフリカの布なんかとの相性も良さそうです。


P7101886.jpg
い草がこのように途中で切れ少し浮いている箇所があることがあります。気になる場合はハサミでカットし、隙間が出来たところを指で均してください。

・手作りのため、いぐさの網目の抜けや、縫い目のバラつきなどが若干みられる場合がございます。はみ出している場合はその部分をカットし、隙間を均等にするイメージで全体を馴染ませてください。
・天然い草です。日焼けによる色合いの変化や劣化があります。
・ブラックは摩擦による色移りがある場合がございます。白い服などご着用の際は特に、ご注意ください。
・表面についた汚れは、水に浸した布などを固く絞り拭きあげてください。
・拭きあげたあとは、十分乾燥してから収納してください。
・本体を乾燥させる場合は直射日光を避け、陰干ししてください。
・フローリングなど、フラットな床へ直接敷く場合は滑りやすくなりますので「滑り止めマット」などをご使用ください。
・外部でご使用の際は、泥や砂を必ず落として収納してください。
・湿気のある場所で保管した場合、カビなどが発生することがありますのでご注意ください。
・防炎製品ではありません。

一覧に戻る