web shop

affordance tongue(コンパクト財布) affordance tongue(コンパクト財布) affordance tongue(コンパクト財布) affordance tongue(コンパクト財布) affordance tongue(コンパクト財布) affordance tongue(コンパクト財布) affordance tongue(コンパクト財布) affordance tongue(コンパクト財布)

affordance tongue(コンパクト財布)

素材 牛革

W10㎝×D2.5㎝×H7.5cm(広げると13.5㎝)

color
ベージュ 〇
ダークブラウン 〇
ブルーグリーン
朱色 〇
グレー 〇
(写真2枚目、左より順番に)

13,500円+TAX

時と共に柔らかくなり、自然と使う人それぞれの体に馴染んでいく。

affordanceは、日本で作られている植物性タンニンなめしの牛革をベースにしたオリジナルヌメ革を使った革鞄・革小物のブランド。意図的に柔らかくしたり、表面にエイジングを損なうような加工をしないその革本来の風合いを活かしたものづくりを大切に、裁断から仕上げまでの全行程を一人で行っています。

tongueは手の平に収まるほどのコンパクトな財布。キャッスレス決済の機会が増え、小銭よりもカードの収納スペースを重視する人が増えてきたことで生まれた新しいかたちです。

P2120413.jpg

蓋を開けると、お札(半分に畳んで収納)・小銭入れ・カードポケットが大小1つずつ。4つのスペースに分かれていて、大きいカードポケットには10枚、小さい方には4枚ほど。クレジットカード、保険証・免許証・交通系カード・よく使う店のポイントカード・診察券など...増えがちなカードもたっぷりと収まります。(紙製のカードだともう少し入りそう)

P2120410.jpg
また大きく開く構造になっているので、中身が見やすいのも使い勝手の良さのひとつ。小銭も取り出しやすいです。

P2120427.jpg
ちなみに名前になっているtongueはベロの意味。開けるときに親指が自然と掛かり、つまみとしての役割も果たしています。

●日本でつくられる植物性タンニンなめしの牛革をベースとしたオリジナルヌメ革を使っています。色合い、風合いに個体差がある場合がございますが天然のものとしてご理解ください。

●使うほどにやわらかく馴染み、色艶が増してきます。

●特にオイルなど必要ありませんが、乾燥して表面のつやがなくなっていると感じたらミンクオイル・革用ワックスなどを全体に塗りこんでください。

●わずかなキズは湿った布で拭きとってください。

●摩擦や水濡れ等により色落ちする場合がございます。特に淡い色の衣類への色移りにはご注意ください。

●雨などの水シミは乾くとほぼ消えますが、その場で濡れた布で全体を拭くことで部分的なシミとして残りにくくなります。

●中まで濡れた革は乾燥すると部分的に硬化することがありますが、保革オイルを軽くすり込めば大丈夫です。

●修理も可能です。何かあったときはご相談ください。

一覧に戻る