web shop

くるみのカッティングボード くるみのカッティングボード くるみのカッティングボード くるみのカッティングボード

くるみのカッティングボード

作家 小沢賢一
素材 くるみ
仕上げ オイル+蜜蝋


S 3,672円
23cm×13cm×D1.5cm
+持ち手長さ5cm

M 4,320円
23cm×15cm×D1.5cm
+持ち手長さ5cm

L 5,076円 [SOLD]
23cm×19.5cm×D1.5cm
+持ち手長さ5cm


※くるみのカッティングボードは各サイズにつきお1人様2点までの販売とさせていただきます

くるみの木でできたカッティングボードです。ちょこんとついた持ち手がかわいらしくもあります。

果物やチーズ、パンをカットするのにはもちろん、1人分の朝食やおやつのプレートとして、おつまみトレーとしてもどうぞ。くるみの木の風合いはとってもフォトジェニック。いっぺんに雰囲気が出て気分もあがります。

片面は彫りあり、もう片面は彫りなしです。木に傷がつくのが気になるという方は、片面はトレーとして、もう片面はカッティングボードとして面によって使い分けるといいですよ。傷がついても、それがまた味になっていきます。

使ってこそ。どんどん貫禄を出していきましょう。

S・M・Lの3サイズです。
縦の長さはすべて同じ、横幅が少しずつ違います。用途に応じてお選びください。

このカッティングボードは、トレーなどには使いにくい節や白太の部分も出来る限り利用し生かそうと考えられたものです。それぞれに個性がありますがそれがまた味わい。3枚並んだ写真にはよくある個性を含んだものを選びました。


shirata.jpg
これが「白太(しらた)」その名のとおり白くなっている部分です。木でいうといちばん外側、葉に水を運んでいた木の若いところにあたります。オイルを塗ってもこのように白い仕上がり。


fushi.jpg
節は木がそこから枝を伸ばしていた証。大きな節は大きな枝、小さな節は小さな枝。その木の姿を想像すると楽しいです。

木は生きていました。
改めて、そんなことを感じさせてくれるカッティングボードです。

●木目や色はそれぞれ異なります。節や色の異なる部分もございます。自然のものの表情としてご了承ください。
※在庫写真を個別にお送りすることはいたしておりません。   
●時間とともに色合いが変化する様子もおたのしみください(少しずつ濃くなります)。
●食洗機、電子レンジ、オーブンでのご使用は出来ません。
●木の風合いを生かし、オイルで仕上げています(初めは少し油分が気になりますが馴染んできます)。保管の際は油移りすることがありますので接地面に不要な紙などを敷いておくことをおすすめいたします。
●乾きが気になってきたら、くるみ油、エゴマ油等を布に染み込ませ塗って下さい。しばらく乾かした後、余分な油は拭き取ります。
●汚れがひどくないときは固く絞ったふきんで拭く程度で問題ありません。水洗いした場合は水分を拭き取り、しっかりと自然乾燥させてください。

一覧に戻る