web shop

うなぎの寝床 久留米絣のもんぺ(フェス) うなぎの寝床 久留米絣のもんぺ(フェス) うなぎの寝床 久留米絣のもんぺ(フェス) うなぎの寝床 久留米絣のもんぺ(フェス)

うなぎの寝床 久留米絣のもんぺ(フェス)

産地 福岡県八女市
発売元 うなぎの寝床
綿100% 
久留米絣

【色】
チャコールブラック/グレー

【サイズ】
S/M/L

13,500円+TAX

筑後地方のよいものとその魅力を発信する「うなぎの寝床」プロデュース、久留米絣のもんぺです。

日本三大絣のひとつである久留米絣は、今も福岡県南部の筑後地方の16軒の織元によりその技が継承されています。
昔ながらの織機によるシンプルな平織生地は空気を含みやわらか。農作業や日常着として着ていたのにも納得、サラッと軽い気持ちよさがあります。

fesbk.jpg
チャコールブラックの中にたまに出てくるピンクがよい感じ。

fesgy.jpg
黒い糸と白い糸で作るグレーの生地に淡い黄色が◎
プリントではこの風合いは出ませんね。

せっかくだから柄ものに挑戦したいけど、派手過ぎるのは手が出しづらいという方にも試していただきやすい&絣を作りだす技もお楽しみいただけるシリーズです。

fesbk02.jpg

ストレートで履くこともできますし、裾をキュッと絞ってもんぺらしくもできます。ウエストはゴム入りで、紐付き。大きいサイズを選んでもズレる心配がないので、柄によってサイズをかえて選ぶ方も。家族でもんぺの貸し借り、なんてこともできちゃいます。


【絣って?】
絣は「先染め織物」と言われる織物。糸を染める段階で、絣図案に沿って経糸、緯糸それぞれに染めない部分を麻糸などで括り(絣括り)染液に浸け染色していきます。染められた部分と絣括りをした白いままの部分を図案通りに織ることで模様が生まれます。少しでも糸がずれると模様が崩れてしまうため、織りの具合を見るのも職人技なのです。

6.jpg

旅行のお供にも1本あると便利なもんぺ。移動はラクチン。持ち運びもコンパクト。そして乾きも早い。旅先だと普段履かない柄物にも手が伸びやすいですね。履くたび、洗うたびに柔らかくなる絣の生地を気兼ねなく履ける日常着としてぜひ。


【サイズについて】
丈はあまり気にせず、ご自身の体格をベースにどう履きたいかで選ぶのがおすすめです。

#もんぺで巡る神楽坂にいろいろな方が履いた写真をサイズとともに掲載しています。サイズのイメージがしやすいので是非ご参考ください。

うなぎの寝床 久留米絣のもんぺ(チアーズ)はこちら
うなぎの寝床 久留米絣のもんぺ(柄)はこちら
うなぎの寝床 久留米絣のもんぺ(無地)はこちら
うなぎの寝床 ストレッチ生地のもんぺはこちら
うなぎの寝床 もんぺ型紙はこちら

●サイズ(cm表記) S/M/L
 ・ウエスト…64~96/65~102/68~108 ・ヒップ…106/112/116
 ・パンツ丈…95.5/97/101 ・わたり…61/67/71
 ・股上…31/32/35     ・股下…64/66/67
 ・ふくらはぎ…36/38/41  ・裾幅…32/34/40
 ※サイズ測量の多少の誤差はご了承下さい。


●ウエストはゴム入りです。また、紐も通っているのでズレないように調節も可能です。


●裾の内側にもゴムが入っているので、絞って履くこともできます。


●膝内側には膝あてが付いて二重になっています。


●ポケットは前身頃のパッチポケットのみです。


●膝下が特に細めの形をしています。運動をしている方などはふくらはぎがぴったりになる場合が多いのでワンサイズ上をおススメしております。


●化学染料で染めています。色落ちはありませんが、気になる方は最初の数回は白いものと分けて洗うと安心です。

一覧に戻る