jokogumo note

[イベント]

田代淳うるしのしごと、はじまりました

田代淳うるしのしごと、はじまりました

田代淳さんの2年ぶりの個展「うるしのしごと」が始まりました。新しくなったうえぐもでの漆の展示、とても新鮮です。蕎麦椀に、はじめてのお椀にもおすすめの「てはじめ椀」、少し小振りな3.8寸椀に子供椀。サイズもいろいろのお椀シリーズに、おやつ大好き淳さんらしい「おやつ皿」。漆がぐぐっと身近になるブローチもたくさん並びました。

P6146658.jpg

初日はこれまでどちらかの漆継ぎ教室を受講された生徒さんや、これから受講が決まっている方などもたくさんお越しくださいました。漆継ぎを通して漆器に興味を持つようになる方が多いのも淳さんの教室らしいなぁと。そして自分の使うものが、自分のよく知っている人が作ったもの、というのもいいですよね。

普段使うものが、そうやって自分ごとになる、そうしていく、というのはこれから自分の暮らしをよりよくしていくひとつの方法であるのだと思います。暮らしの中で、使ったり、食べたりする量はあまり変わらないけど、そのそれぞれの場面で誰かの顔が思い浮かぶ。そういうもの選びをすること。それがもたらしてくれる豊かさというのに私もだんだんと気付いてきて、何を使うかというところから、誰が作ったもの(関わったもの)を使うのか、そして食べるのか、ということに重きが移ってきた気がします。選ばなくとも昔はそれが当たり前だったはずだけど、だんだんといろいろなものや感覚が暮らしから離れていって、またそれを取り戻す時代になってきたのかもしれません。手の届く生活、というのでしょうか。そういうのにほっとします。

P6146659.jpg

あっと気付けばこんな話。田代さんも会期中はずっと在店してくださっています。せっかくなので、いろいろなお話を伺ってみてください。田代淳うるしのしごと、は18日(水)まで。jokogumoも会期中は無休で営業いたしております。