jokogumo note

[ワークショップ]

omoto季節の布仕事 -針山づくりと冬のからだとの付き合い方-

今年初めてのomoto季節の布仕事です。 季節に合わせたテーマで開催されるワークショップも3回目となりました。 今回は「針山づくりと冬のからだとの付き合い方のおはなし」です。 以下、omotoの智子さんより 2/8は針供養(地方によっては12/8の所もあります)の日。 長年使って折れてしまった針などをご苦労さまでしたの意味も込めて柔らかい豆腐などにさして供養します。 2月は、そんな針にまつわる布仕...

omoto季節の布仕事 -針山づくりと冬のからだとの付き合い方-
[イベント]

春隣り、初春、春  -旧暦のおはなし会-

「季節をたのしむ、カレンダーとちいさな花器」展に合わせ、詩人であり歌こころカレンダーの制作・販売もされる白井明大さんのおはなし会を開催いたします。都内では数年ぶりの開催かと思います。展示の会場は、【土脈】といって、二十四節気七十二候の季節のひとつ「土脈潤い起こる」より決めました。ここで白井さんのお話会を開催できること、とても嬉しいです。みなさまのご参加、お待ちしております。 【春隣り、初春、春  ...

春隣り、初春、春  -旧暦のおはなし会-
[イベント]

季節をたのしむ、歌こころカレンダーとちいさな花器

白井明大さんの旧暦のカレンダー「歌こころカレンダー」を店で扱うようになったのはいつだったんだろう。そう思って店のブログをさかのぼってみたら、2013年の分からでした。図らずも、ちょうど今年で10年です。 ちょっと珍しい短冊形。2月4日立春スタート。 自然の移ろいをもとにした『二十四節気七十二候』に白井さんの季節の詩が寄り添うカレンダーは、毎年そのファンを増やし、「このカレンダーがないと」とリピート...

季節をたのしむ、歌こころカレンダーとちいさな花器
[お店のこと]

2023年もよろしくおねがいいたします

気付けば2023年です。 1年前の2022年は新年にどんな挨拶をしたんだろう。と思ってよこぐも手帖のアーカイブを見てみたら、何もしていませんでした。その前の2021年もしていない。そう、私は本当に書かなくなってしまったのです。それに思い返すとこの数年は、店の注連飾りも本当にバタバタと準備したっけ。そういうことでもいいから、何か書いていてもよかったのに。 ともあれ、遅ればせながら 新年あけましておめ...

2023年もよろしくおねがいいたします